西宮で皮膚科に相談して救われました

皮膚症状が悪化して絶望的な気持ちになりました

仕事や人付き合いのストレスで体に不調が発生していた頃、とうとう皮膚症状が悪化して絶望的な気持ちになりました。
精神的にもボロボロでしたが、見た目に変化が分かる皮膚も炎症やかゆみ、不快感と次々に症状が現れました。
最初は気にしないように努めていましたが、無視しても症状が強くなり、結局は掻きむしったり傷を作ることになってしまいます。
運動を習慣化したり、ヨガに取り組んだこともありましたが、どれも対症療法未満でポジティブな変化は見られませんでした。
休息を取るように心掛けても、症状の回復にはタイムラグがあるようで、休日が終わるまでに症状が改善することはありませんでした。
つまりストレスにストレスが続く悪循環の連続で、もうお手上げという気分で何もかも嫌になりかけました。

皮膚症状が悪化して絶望的な気持ちになりました皮膚科の先生は患者を助ける気持ちで優しくしてくれましたこの出会いは自分にとっては救いでした